yosh@です。


ついに来ました2段滝(実走で)。
下見のインパクトは相当なものでしたが、
バイクに跨った状態で見上げると。。。





PB090070

もっと酷かった(ノ◇≦。) ビェーン!!




なんてゆーか、
余計出来ない感が満載っ!!



しばし見つめてればラインが見えないかなーと思って
(ほんとはビビってただけ)その場でじっとしてみましたが、変化なし。。。

こりゃーもう押し押しの難所テクで逝くしかねー、と勢いだけで逝ってみました。



!!




き、奇跡的に??FRがなんとか2段目に乗っかった!!
(↑もともと綺麗に上るのを諦めてる人)

FRが2段目に残りさえすれば、あとはイゴイゴしながらなんとか上がれました。
この初挑戦で2段滝成功(?)が残りの周回の自信に繋がったと思います。


いやー出来た、出来たww

嬉しいなっ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ




その後も登りで引っかかりまくって体力メーターが一時的にほぼゼロになりつつも



自分なりに精一杯やって、なんとか1周帰ってきました!!



すごいっす。ヘルプなしで1周出来て、とても嬉しいっす。


 

このとき時計はっ!!



ろっ



60分!?
(現在の体力メーター;残り約20%)(゚∇゚ ;)エッ!?



これから体力がどんどん下降して行くのに。。。
どうやって間に合わせというのか。。。
これはもう神頼みしか!!




教えてあの御方っ!!





すると、
雨が降り続く空の彼方に(トライアル味のおじさん、こと)あの御方の顔が見え私にこう告げた。





『ヘイ、ユー! 。。。
 あー、日本語で。
 2周目からはラインもできてペースが上げられるダニ
 体力を奪われないスムースライドを維持して5周するダニ
 ysk大臣の頑張りに負けぬよう、SRJの名に恥じぬよう、
  おぬしも頑張るダニ』





という声が聞こえた(気がした)。



よし、この時点で目標を3周⇒5周にアップグレードだ!
セクションは5セク以外全部スルー、意地でも5周まわりますっ!




2周目・・・確かにラインが出来てきて、完全に停止して悩む時間が減ってきた
      2段滝はあまりうまくいかなかったけど、転倒は減った
      プラグカブリで歩いてるあるみやさん発見。。。
      2周終わりでピットに帰るとなぜかそこには沢次郎さんがっ!
      1周目で足を痛め、大事をとってリタイヤするかも、とのこと。
      1周1時間切るペースだったみたいなので、超残念!!
      来年へのモチベーション、できちゃいましたねww


3周目・・・慣れと残った体力のバランスが最も良かった周
      あまり引っかからず走れて、ベストラップの47分!
      うおー、俺が50分切れるとは。。。ちょっと感動。
      工藤プロと遭遇、まだまだっ頑張りましょうw


4周目・・・この周から手足の攣りと強烈な腕上がりが発生!
      2段滝では盛大にマクレて落っこちるし、
      ライディングの精度が明らかに落ちてきた。。。
      このままだとちょっとヤバいかも。



5周目・・・ついに最終周!残された時間は1時間ちょっとあるので
      落ち着いていけば間に合うはず!!ゼッタイ間に合うはず!!と
      自分に言い聞かせながら言うこと利かない身体にムチ打って走行。
      下りでの転倒が増えてきて、マシンホールドできなくなってきた。。。
      でもコースの所々で会う方、マーシャルの方に
      『ラスト!頑張って!!』と励まされ、元気付けられなんとか走行を続行。
      2段滝では空腹を感じたので、田口さんのトライを見ながら
      パワーバー食って燃料補給してましたwww
      




 


そしてついについに、完走!!!!(☆゚∀゚)





 

とはスンナリいかないのがSRJw
あと2~30mで集計前の舗装路に出るところで事件発生!
(こういうとこ、オレらしいな~)




 

これまで頑なに投げを封印(GEKKO-ONEでの悲しい思い出もあるし)してきたのは
ゼッタイにマシンを壊してリタイヤするのだけは避けたかったから。


なのに最後の最後で油断しました。。。


ほんとにもう最後の最後、濡れた岩盤のステアで力尽きてマシンを投げてしまい。。。





PB090082
こんなんなってしまった!!


く・・・クラッチが(((( ;゚д゚)))
なんとハンドガードが割れた勢いでホルダーごとクラッチレバーが終了( p_q)エ-ン

この状態で。。。あとちょっととはいえどう帰れって言うの??
ここまでの5時間の苦労が水泡に帰すという、悲しい未来が一瞬見えましたが
こんなことで諦めていられまっせんぜ(゚д゚)、ペッ


引っ張っても(ysk大臣限定)、
担いでも(ysk大臣限定)、
何が何でも残りのコースを走りますよっ!


とはいえ体力メーターはずいぶん前にゼロになってるので無理はできません。
よってパワーシフトで発進して帰る、に決定!
(ニュートラルでエンジンかけて、回転あげといてガチャン!とシフトする、アレです。)



何度かやってみるも。。。
125のトルクでは走行はおろか、発進すらできない(TДT)
うーん。。。でもこれ以外に進む方法が見当たらない。
クルマに部品入ってるけど、戻ってたらもう5時間の制限時間に間に合わない!




考えろ~、オレ!




で、考案したのが、回転あげてガチャンとシフト入れる瞬間に
タイミングよく前にマシンを押し出しつつ、且つRRサスを沈ませて抜く反動を合わせて行って
RRタイヤの荷重を瞬間抜く!これでシフトが入った瞬間はRRが空転し、
ある程度タイヤを転がせることが判明!!


いやー、考えて走るって重要だね(´∀`)(←考えて走る人はそもそも投げない)。


何度も何度もエンストしつつ、ミッションも可哀想だったけど。。。
それでも諦めるわけにはいかないので頑張って走って、






PB090078
ついに戻ってきました~! (満身創痍だけど)
あぁ、新品ウェアーがボロボロ。。。
CR125で出場という罰ゲームっぷりに苦笑していた皆さんにも、喜んで(?)いただけましたww



いやー、やりましたよ。
ものすごい達成感ですww




PB090096
もはやハードエンデューロ界では人生の記念と言っても過言ではない
『南牧完走マグカップ』を頂いたし、
あろうことかこんなフザけた私めが『ベストエンデューロ賞』も頂けたし、
もう満足満足です。
最後のトラブルにめげず走ってホントよかった。




総括すると。。。
完走できるか、否かっていうスリルというかプレッシャーがハンパないです。
なかなか日本で(しかも関東で)こういう気分になれるイベントって無いと思いますよ。
いままでなかなか出られなかったですが、本当に出場してよかった!!!
関東近県のお山ライダーの方々は、近いんだし1回は出といたほうがいいです。ゼッタイ。
うまくいっても、いかなくても凄い経験ができると思います。




現地でお会いした皆さん、仲良く遊んでくださりありがとうございました!
またスタッフの皆さん、物凄い経験ができるコースを作ってくださりありがとうございました!


来年は あの御方 を熊本から招致して出ようかな~