yskです。

第89回 International Six Days Enduroに出場しました。

SRJからは私が参戦。


マシンは、イタリアの名門 JOLLY RACINGからレンタルした15年モデルCRF250R。
10009314_602737323188205_691004064133726391_n



JOLLYRACINGのみんなと!
10628202_603618196433451_4744814010605551940_n



6日間、私を支えてくれたチームの、最高のメンバーたち。
10678632_603039366491334_6441723391759749961_n

 



素晴らしいコースロケーションの中で行われた、非常にハードな大会でした。


結果

6日間で1200㎞

34時間を走りぬき。

無事、完走しました!




応援して頂いたみなさま、本当にありがとうございました。







リザルトです






C1クラス 20位/46台

Cクラス総合 63位/235台





クラブチームクラスの個人では、総合で二桁の成績をおさめることができました。

砂漠ステージとなったDAY3が鬼門で一日で111台がリタイアに追い込まれました。

そこを乗り越え、最終日にたどり着いたライダーは100名に満たず、結果上記の成績となりました。




なんとか完走できれば・・・と思っていた自分にとって最高の成績であり、とてもうれしいです。








そして、クラブチーム部門。



JEC IA #17阿部、#24滑川、#27 yskで構成される



TEAM KOMATSU JAPAN



我々が出会った場所、福島県は猪苗代のチーズナッツパーク オーナー
小松さんにちなんで名づけられたこのチームですが・・・






激闘となったDAY3を全員突破し

3人そろって完走した結果




8位/77チーム


(リザルト)













クラブチームのリザルトの1ページ目に


JAPANの名を残す望外の結果となり



















我々TEAM KOMATSU JAPAN

2014年のISDEで



世界で

8番目に速い

クラブチーム

となりました。

IMG_4760
こんなんですけど、我々、世界を相手に8位なんです。アリエネェ!!!









6日間、必死に戦い抜いて

僕らが手にしたのは

この完走者のみに与えられるメダル、たった1つ

DSC_1141
 








その辺の観光地で売ってそうな

どこにでもある

何の変哲もないメダルですが






これを手にするために

1年以上前から












チームを作り

身体を鍛え

技術を磨き

多くの休みやお金を使い

家族に、職場に、友達に、

またレース会場で多くの人に支えてもらい







ガレとサンドの地獄の中で

6日間

世界中のライダー達とともに

1200㎞、34時間を戦い抜きました。


















そしてたぶん

僕らが真に得たものは

もちろんあのメダルなんかじゃなく。



実は目に見えないものばかりで、

そしてそれは

僕らのこれからの人生に大きな影響を与える。



そう思えてなりません。















ISDEにはエンデューロの

そして人生のすべてが詰まっていると

聞いたことがありますが













ISDEは

本当に素晴らしい

最高の大会でした。









うまく伝えられるかどうかわかりませんが、徐々に書いていきたいと思います。



最後になりますが、出発前のみなさまからの様々なご支援と、
レース中、日々応援して頂いたことに、心より感謝いたします。

SAN JUANより
井上雄介





・・・続きます。