yskです。

2014年のISDEアルゼンチン大会、間もなく出発となりました。
DSC_0863



FIM主催のISDE。

International Six Days Enduro。
8c6c372f



日本でやっているMFJ全日本エンデューロのオンタイム制。

その最上位の大会が欧州のFIM ENDURO世界選手権で、欧州ではこれが主流です。 

さらに、FIMが年に1回開催する、国別対応のオンタイム制エンデューロが、ISDE。


国別対抗でオリンピックみたいなものであり、オンタイム制エンデューロでは、これ以上の大会はありません。



TOPの選手たちは完走なんて余裕なんですが、私レベルだと、何日目まで行けるか・・・といった感じであり、

250~300kmを毎日走るわけで、聞いている限りではとってもハードなENDUROです。


今回、大会に出るにあたって、少しだけ自分の歩みを振り返ってみたいと思います。



















さて。

私がOFFバイクに初めて触れたのは、会社に入ってすぐの25歳、2003年頃でした。
XR100とかに少しだけ乗った。そんな思い出があります!





2004年、同期のCR125を借してもらって、彼の練習の合間にのせてもらっていました。
月に1回くらいでしたかね~。 
夏ころに自分も中古のCR125を入手したのですが、トランポが無かったので月に1度乗れるかどうか、、、、レースなんてとんでもなくて、たまにのればいいや、そんな軽いのりでした。






2005年、27歳
ま~だトランポ持ってなくって月に1度乗れるかどうか・・・やるのかやらないのかはっきりしろや❗今ならそういってしまいそうな、煮え切らない奴でした(笑)

そんなとき、偶然夏に先輩から車を譲り受け、一人で走りに行けるようにようやくなりました。
27歳というと、今のG天君と同じ年です。

27歳のG天君は
10665736_587766921349605_4440332545736661148_n
タイヤコウカーーーーン!


アグレッシブだし
10688350_568559096603721_1261555592666177028_o
アグレッシブさの方向性を間違った例。う、うける(゚∀゚)アヒャヒャ


Aクラスで優勝も余裕で、という感じで
10452968_284002931770540_5781982756043957038_o
初優勝@鈴蘭高原大会 


見た感じも精悍で、『速そう』な雰囲気が漂っています。
 10366321_563305387129092_511498461758707911_n
見た目で分かります。見た目でね。





私、ENDUROの場で、たまに言われるんです。

昔なんのスポーツやってたんですか?
ラグビーとか、アメフトやってたんでしょ?

 
って。


いやね~、実際は高校時代から10年、一切スポーツなんてやってなかったです。。。
身体鍛えるなんてこともやっていない、怠惰な生活を送ってきました。
















ええ、27歳のときってね・・・


















コイツはラグビーなんて絶対やってないし

そして見た目からして間違いなく遅い!

KIF_4523
夏の北海道キャンプツーリング


G天君が、もし同い年のこの人にあったら思うでしょうね。

『絶対負けない。いや、こいつに負けるはずがない!!!』と。

いや~、この時はISDEの存在すら知らなかったし、ENDUROなんてほとんど出たことも無かったです。









少し時間は飛んで、2007年、29歳
自分で練習行けるようになって、楽しくCRやCRFに乗っていましたが、しかしレースは年に3,4回といったところだった自分に、転機が訪れました。



そう・・・あの人が・・・あの御方がレースに一緒に連れてってくれるようになり
682719
お写真:レスポンス様より


そして、奴が9月に登場。
DSC_0762


あの御方に連れられて、初めてオンタイム制エンデューロに出たのもこの年でした。
承認クラスのBで、タイムオーバーで完走できませんでした。2daysヤバい・・・あれは衝撃でした。今思えばなんてことはなかったんですけどね。













2008年、30歳
この年から、あの御方に連れられて、yosh@、yskの3人でレースいっぱい行きました。
IMG_0033
SUGO2daysENDURO(2008年3月)


だからといって簡単に速くなるはずもなく
IMG_0178
マーシャル、笑い杉。。。タイヤも登れなかったです、この頃は大変だったな。。。

2度目のSUGO 2daysも承認のBクラスで終盤にリタイア。
出してたタイムも、50台中真ん中より下で、表彰台って何?てな感じでした。

3人で色んなレースに行きました。

JNCCに初めて出たのもこの時。2戦出場。
津南はCOMP-Bクラスでほぼ最下位。
もう1度だけでた本栖で入賞して、Aへ昇格したんだっけ。
(当時はBが一番下、Aへの昇格も超簡単だった)





2009年は、年始に怪我したうえにプライベートも忙しくて、ほとんど乗れないままレースも出ず終了。




2010年32歳
JNCCはAクラスデビューイヤーで最初は真ん中より下。
身体作りもやんなきゃな~、ってなんとなく、すこしだけやり始めた年でもあります。
AAやIAなんて夢のまた夢、別世界の人だと思っていた時代。




2011年33歳
JNCC Aクラス2年目、初の入賞@爺ヶ岳(A3位、総合7位)で自分の中の何かが明確に変わった年。
もしかしたら、自分でも、努力すればAAに行ける可能性がある・・・ と極わずかな可能性を感じ、
そのわずかな可能性を現実のものとするため身体を鍛える決心をした年w

『筋トレしたってはやくなんねーよ!バイクはバランスの乗り物だからbyあの御方』

これを頻繁に言われるようになった年でもありますw

JECはNクラス1年目、1回も入賞してないくせにギリギリIBへ昇格したんだっけ。





2012年34歳
JNCC Aクラス3年目、AAに上がれる可能性があるのか、確かめた年。
月山で初めてAクラスで勝った年。最終ランキング6位。
JECは雪のSUGOと大雨の定義でIBで入賞で、I最終ランキング6位でした。
熊本に転勤したのもこの年。




2013年35歳
JNCCでAAに上がるために、全力を尽くした年。
年齢で落ちかける体力を、それを上回るトレーニングで上昇にもっていこうと、
そしてなんとかAAへ上がろうと必死でした。
結果、優勝2回、2位1回、3位1回、6位1回・・・でランキング2位、AA昇格。
JECは西日本エリア選でまったく争わずにIAになってしまった。。。




2014年36歳
ISDEへ・・・









と、正直まともに頑張った記憶はここ5年程度分しかなく

30過ぎあたりからの突貫で無理やりなので、経験値的にかなり薄い・・・ISDEがとても不安でたまらないです。



でも、今はこれが精いっぱい。
時間いっぱい、やることはやってきました。






まあ、こいつよりは(27歳)
KIF_4523



コイツの方が完走しそう!(36歳)
IMGP1578
10649717_638007339650540_2217192672055344923_n






ということで。

ISDE出場にあたり、JECだけでなくJNCCでも、いっぱい応援していただき本当にありがとうございました!

ダメでもともと、楽しんできます。



それでは。







ブログのネタを作るために
タブンシランケド

アルゼンチンまでいってきま~す! 

さあ、しゅっぱ~つ! 
 DSC_0855