yskです。

JNCC第7戦、シーサイドバレー糸魚川。

レースの結果は「なんの成果も得られ(以下略)」なので、あまり書くこともありません。




私は。

いつもブログに適当なことばっかり書いてますけれど

レース自体は、もちろん、真面目に頑張ろうと思って会場入りしています


1000km以上移動して行くんですから、マシンも身体も気持ちも、常に万全の態勢でありたい。

ですから、レースの前日から当日に掛けて、徐々に集中力を高めていきたいと思っています。



集中する、これって大切ですよね。

その時自分が出来るベストな走りをするためにもそうですし、

自分はもちろん一緒に走る会場の方々に怪我させないように安全に楽しむためにも。



そう、集中するって大切だと思う、いや、ほんとそう思うんです。






だから、まず、最初に言っておきたいことがあるんです。









私は、ね・・・





とにかく!















静かに 地味に 目立たずにENDUROしたいんです~っ!
kira
俺も静かに暮らしたいよ~(T_T)












最近の悩み:このをなんとかしたい
DSC_0761





・・・さて。

前に彼とJNCCで会ったのは JNCC爺ヶ岳の時でした。 

『ベスライ』について考えてみたとかふざけたエントリあげたのもこの時。

私の大切な居場所であるJNCCでやりたい放題やってくれちゃったあの日の事を忘れることは無いでしょう ( p_q)エ-ン




今回、JNCCにまたしてもyosh@大先生がエントリーしていると聞いて、正直

なんか嫌な予感がしてました 


黙ってエントリーしてたあたり、怪しくて仕方がない、と。










とまあ、心配な中、土曜日のお昼頃に糸魚川へ到着。
DSC_0736
ヨシムラのマフラーに変更~







yosh@はまだ居ませんでした(`・ω・´)

下見やピット設営をさっさと済ませて、お風呂にも入り、宴会へ。


今年は暖かくて、外でも平気でした

まずはステージ付近で飲み食いして
DSC_0740







その後、テントで。

お向かいのピットから、内山さんと西森さんにお越しいただき。鉄人山本さんも交え、楽しかったっすね~!
DSC_0742
KENJIさんとアグイさんも来られました、鮎、ありがとうございました~!









西森さん

「ルーフオブアフリカ2013」の話は

かなり面白かったですw

西森さんのうるるん滞在記はこちら「リベンジ、ルーフ!+内山裕太郎(ダートスポーツ)」
DSC_0741
西森さん、内山さん、森さん。ルーフオブアフリカ2014、頑張ってください!!!








ところで。



今まで書く機会が無かったんですが。

AA #08西森さんとのファーストコンタクトは

2011年の三宅島ENDUROなのです。






三宅島は、MFJ IB以上のライセンス(ジャンル問わず)を持ってるとエキスパートクラスで、持ってないとチャレンジクラスという分け方だったんですが、西森さんはライセンス失効(MXとTRのIB)でチャレンジクラス。
私も当時はMFJ-EDへ初めて出た年だったのでチャレンジクラスでした。


私はJNCCのAクラス2年目。
実は西森さんに気づいておらず、チャレンジクラスなら安定して走り切れば勝てそうだと思っていました。


そしてもちろん、当時既にAAだった西森さんも、問題なく勝てると思っていたそうです。
(エキスパートで出たいけれどライセンス失効で出られずだったそうで・・・そりゃ勝てると思いますよね・・・)








そして何の因果か、私が勝った・・・
DSC03469
西森さんの怪訝そうな顔は、三宅島のタスキが気になっているからでないと思う。タブンシランケド。





リザルトはコレ。
DSC03473




私は『1分差!?こ、この人誰!?』

と思い、



西森さんは『え・・・俺優勝じゃないの!?この人誰!?』

って思っていたことが今回わかりました。











そういえば、表彰式直後のバックヤードで、西森さんに話しかけられたんです。

に『なにかレース出てるんですか?』

それに私は答えました。

ysk『ええ、JNCCのAクラスに出てるんですが・・・』

に『そうですか・・・JNCCに・・・』


このやりとり、冷静に考えるとシュールすぎる・・・。
西森さんの怪訝そうな顔が印象的でした。。。












自宅に帰りついて、なんだかとっても気になって、調べてびっくり。


な、なんで勝てたんだ???Σ(゚д゚;)






ず~っと気になってたその理由。

3年経って初めて聞いてみました。














に『余裕だと思って』

に『準備が面倒だったし』

に『ガス缶を凄~く離れた場所に置いたままにして』

(往復するだけで1分くらい余計に掛かりそうな場所。コースわきに給油OKなピットがあったのですが、もっていくのが面倒だったとか・・・)

に『さらに何回も給油した』














・・・・・・さ、さすが西森さん。

油断がハンパネー!(((( ;゚д゚)))

慢心王・・・エンデューロ界の慢心王の称号をあげたい・・・。









アフリカのエンデューロを経験しにいったはずが

なぜか


命を懸けたサバイバルを経験
して(かなりガチなやつ)

それでも無事に帰って来られる男は

持ってる余裕が桁違いです
(´Д`).∴カハッ

nishimorisan
お写真:ダートスポーツさまから。この写真の凄さ、真実を伝える『西森裕一のマッハラーニング』をいつかダースポWEBあたりに書きたい。








あの日、西森さんが真面目にやって勝っていれば

私はタスキをつけて登壇することも、大臣呼ばわりされることもなく、

きっと今頃、平和に静かにENDURO生活を送っていたと思うのです。

(西森さん、真面目にやってください・・・・)







・・・油断して西森さんとの思い出をじっくり書いていたら

長くなってしまって本題に入れませんでした(゚ロ゚;)エェッ!?





ということで。

続きます。