yskです。

さて。

とまあ、そんなこんなでRIDERIDERIDEの当日を迎えました。




まずは開会式。
111





開会式でのゲストライダー挨拶では、背後にポスターを出され
10462480_487766581354951_8055143079020191133_n







そして拝まれた(;人;) 
10418364_644882208936630_8346598079153319661_n



なんなんだこのイベントは・・・。
この流れ、序盤から良くない感じ・・・。

10451067_841795059183747_3396332902933030479_n
子供たちも拝んている・・・何故だ・・・。




・・・さて、気を取り直して。



<午前の部>
この後は、班別に分かれてのフリーライドタイムでした。
140300779765683022227_IMG_0239
どうです、この台数、すごっ!!!


参加者が多いので、主催者側の塾長がゲストライダーに加わって、6グループで行きます。

ハード系なグループは、ロッシさんとマチャ選手と塾長の3グループ。
初~中なグループは、カズトさんと友山さんと私の3グループでした。


MX系のKIDSは友山さんやカズトさんの所で特訓。
140300671551492950227_IMG_0241




で、私のグループ。
といっても案内の主は、御所を知り尽くしている水上選手。

モトクロスコースで完熟走行して、エンデューロコースを走り、という感じで進んで行きます。

参加している方々ですが、なんかみんな上手で、私がアドバイスすることなんて無かった。
女性が3人いらっしゃったのですが、なんかキッチリ開けて走っていて、マジでなにも言うことは無かった

どっちかというと、途中のプチ難所で私がスタックしてみなさんをお待たせするなど一番ダメだったのは自分な気がするほんとすみませんでした




<お昼の部>
お昼は、タイヤ交換競争というイベントがありました。

140300564365013644227_IMG_0233

チューブタイヤやムースタイヤ、色んなタイプのをつけた7人が、一斉に交換するというもの。

私、今年の秋のイベントに向けてムースの交換を練習しなきゃいけないこともあり、塾長&Tスケさんから打診されて、参加をOKし道具も持ってきていました。




金曜日に練習した感じだと。

ホイールをチェンジャーにセットしてから3分あれば、外して付け直すところまでは余裕で出来る感じ

10回くらいやったけど、毎回3分くらい。

1番は無理でも、まあ無難に終わるだろう。
10471439_487770784687864_79269177006928609_n
特等席で見守る班長の前で、絶対に負けられない戦いが始まった



無難にこなせるに違いない。まあ、余裕っすよ。練習したしね。
10259767_488348561296753_6373924509010441965_n





あの御方も、チューブタイヤの交換で飛び入り参戦。

まあ、こっちはムースで練習して来てるので、負けるはずがありません!
140300558












ということで、リザルトです。


























タイヤ交換HEAT1:DNF
(タイムオーバーで1人だけ終わらず)
beji2
そ、そんなばかな・・・。




















タイヤ交換HEAT2:DNS
(HEAT1が終わらないので一人だけHEAT2に進出できず)

beji
いやほんと、あの場で楽にしてほしかった・・・。
















自分の不甲斐なさに泣いた(ノ◇≦。) ビェーン!!















原因は、焦り・・・というのもあるけれど、ムースについてるグリスがカラカラになってたのが一番?
練習用のムースだし、って普通の汎用グリスをつけちゃったのが悪いのか?

良く分からないけれど。

しかし、南米の本番じゃなくて良かったというのと。

そして、大勢が見守る中で緊張しながらの練習が出来て良かったという気持ちでいっぱいです







まあ、このイベントで唯一の後悔といえば。








河津さんが差し出してくれた刀で
その場で切腹しなかった事。

これに尽きます。

140300579750852688227_IMG_0235
ココで、即、切腹すべきであった・・。








<午後の部>
午後も、班別に分かれてのフリーライドタイムでした。

タイヤ交換の事はすっかり忘れ、午後の部。

午前とグループを入れ替えてだったのですが、こちらの手際が悪くてグループがぐちゃぐちゃになっちゃって、私の所は7人と少なかった。

でも、お陰でのんびりとまわることが出来て、楽しかったです。

(って、これじゃ完全に参加者のコメントですね。水上さんについて行って『へ~、御所ってこんなところあるんだ~!楽しぃ~!』と思ってた。。。マジ、スンマセン!)

御所、良いですね~!
123





<ヒルクライムの部>
15時半に戻ってきたら、そこから、会場横の土手を使ったヒルクライム大会が始まりました。

ゲストライダーは参戦するようにと指示があり

班長からも『大丈夫ですよ、ゲストは行くように場内放送で呼ばれてますよ!大丈夫、行けますよ!』
hantyo
大槻班長のような笑顔で『大丈夫っすよ』と彼は言った




と言われたのですが。





絶対に怪我すると思ったので遠慮しました。
kaiji4









崖の上から、ぴょこんぴょこん跳ねて登ってくる皆さん&登り切れず滑落する班長を眺めながら

ああ、これは無理だなと思うと共に、

終わった後、怖くないのか?と聞いてみたら

『怖いっすよ、でも行くしかないっすよ』

との回答が返ってきたので、

ほんと、やらなくて良かったと心から思いました。
(班長が怖いと思うことを自分ができるはずがな~い!)











と、なんやかんやありまして、イベントはけが人もなく、無事終了しました




あ~、終わって良かった~!




とほっとした所で


じゃんけん大会中にあのポスターが20枚近く配布された(´Д`).∴カハッ
10355896_487857611345848_7622607510026224358_n
余った数枚は、塾長の眼前に居た子供たちに無理やり配っていたような・・・







以上でイベントのレポートは終わりです。

フリーライド時のガイド(になってなかったけど)以外の部分で、ほんと疲れたぁ・・・。







でも、 とても良いイベントで、楽しかったです。
参加された皆さんも楽しんで頂けたのなら、良いのですが。

九州のオフロードの盛り上げに、微力ながらこれからも貢献していきたいです。



それから。

今回のイベントで、知り合いも、たくさんできました

最近特に感じるのですが。

1年半前に九州へ引っ越してきて、知ってる人が完全にゼロになって。
オフロードコースやグリーンバレーエンデューロのレース会場で、アウェー感を味わいまくりながら
寂しい思いをしていたことがウソのようです。


オフロード遊びは、やっぱり仲間が居ないとね



参加された皆様、準備して下さった主催者&スタッフの皆様、大変ありがとうございました。
それではまた、レースやイベント会場でお会いした際は、どうぞ宜しくお願い致します。