yskです。

無事にマシンが仕上がり、金曜日。

朝9時過ぎの便で、Kamo選手が阿蘇熊本空港に到着 

初めて会うKamoさんと、一緒にやってきたメキシコ・・・じゃなかった、yosh@大先生 

出迎えたのは、あの御方と私。
ホントは、ほかにも来る予定だったのだけれど、平日なのでお仕事とかで都合がつかなくなり、
いつものSRJなメンバーでの対応となりました。

IMG_0687
阿蘇は、大観峰にて!


4人で阿蘇山をバックに記念撮影です!
IMG_0688


ハイ、もう1枚!
IMG_0689
Kamoさんとyosh@と私は同じくらいの身長なんだけど、Kamoさんはかなりゴツイ感じ。


さて。

今日はGEKKO-ONEに向けて、マシンチェックを実施。

David Kamo選手のマシンは
2014年式 CRF450R です。


GEROに4st450?しかもR!!

か~っ!
お前らホントわかってないな!


って思ったそこのあなた


いやね、私も思ったんですよ。



GEROというか、ハードエンデューロ的なレースに投入するマシンの定石は、軽くてパワーがある事。

そうすると、必然的に、2st250とか2st300とかになるわけです。
現代の2st大排気量OFFバイクはセルがついてて、鬼に金棒状態。

で、それがだめなら2st200とか150とか。
さらに軽さ重視で125なんて人も居て。

でもって、好みで、使いたい人は4st250Rかなぁ、みたいなイメージ。



だからですね。





Geroに4st450、しかもセル無し、さらにモトクロッサー
って組合せを、例えるならば。








北斗七星の横に、寄り添うように光る蒼い恒星が見えちゃってる感じ・・・
sityousei01







「死兆星が見えている状態」と言っても過言ではありません。
20100322155704b34




でもね~~~。

アメリカで乗ってるマシンや、翌週のJNCCまで考えると450Rが良いかな~って思った上に、

某AAのあの人
『450の方がパワーあって良いんじゃないっすか?タブン問題ないっすよ!』
って言うので(ほんとかよ~!?)、まあ、きっとBAJAチャンピオンでISDEゴールドメダリストなら
本当に問題ないのカモ?的な感じで450Rをチョイス


ちなみに。

GEKKO-ONEでの私のマシンもCRF450Rでした。
ほんとは250Rって思ったのだけれど、翌週がJNCCだから250を壊したくないので450Rをチョイス。

カモさん&#3の二人と同じく、まあ、私も全く問題なかったです
(死兆星がばっちり見えちゃうくらい問題なかったデス、なんで450にしちゃったんだろ俺のバカ!って後悔の連続・・・)



さてさて。

今回のコースは、私がよく練習に行く、阿蘇は九重(大分県に入ってスグ)にありますゴンドーシャロレーです。
権藤さんの所有なのでゴンドーシャロレー・・・

で、マシンチェックは2月28日だったのですが、私にはと~~~~~~っても気がかりな事が。

それは雪!

関東は2月半ばに大雪がありましたが、熊本市は全然降ってなかったのでしばらく気づいてなかったんですが、阿蘇の外輪山の上、標高1000m地帯は凄くふりまくって、ゴンドーシャロレーもこんな感じに!

これはもう、Davidさんが来てもダメなんじゃないかと思ったけれど、
直前の数日間は超暖かくて、毎日眺めている阿蘇の風景からも雪景色は消えていきました。


そして到着してみると、コースに雪はほんの少しだけ!!!
IMG_0692
お天気はマアマア、暖かかった~


そして、David選手を連れて、まずはコースを1周。
その前に簡単なコース説明を私から。
1902888_601693696573806_752946875_n
『多分、めっちゃ滑るから!』って伝えたつもり・・・伝わってればいいんですがね・・・。


そして2台で走り出します

BAJAチャンピオンを先導して、ホームコース?を案内するなんて二度とない機会です
ここは、バシッと1周案内したいところ


コースコンディションは前日の雨と雪解けの影響で超マディ

とにかく滑る!

まあ、しかし、相手はドライでサンドなUSA西海岸出身のライダー、ここはコチラに多少の分・・・・があるわけもなく




登り坂で私がふらつくところを、サクサク登って行くDavid選手・・・さすが

そして、あまりのツルツルっぷりに、私はアッサリ座ってしまって地蔵に

さらに、何でもない登りのコーナーでスリップダウンしてDavidを待たせてしまい





で、1周戻ってきて、スタート地点に再度案内。

『これでコースはわかったかな、大丈夫?』って聞いたら
「ところで転んでたけれど・・・大丈夫なの?」って聞き返されて・・・。



その後は『楽しい!めっちゃ楽しい!!.。゚+.(・∀・)゚+.゚』って連呼してました。
こ~いうツルッツルのコンディションは西海岸にはあまりなさそうですしね。
特に、この日の、阿蘇の黒土は尋常じゃなく滑りましたから。



ちょろっと走るとこんな感じでドロドロ。
IMG_0690
 ツルツルのドロドロです。。。。


そして、野口装美様に作成して頂いたスペシャルシートをチェック。
良いね良いねとお喜びのDavidさん
532


とまあ、そんなことをやっていると、David選手が戻って来たのだけれど
IMG_0697



『めっちゃ滑る・・・転んだ(´;ω;`)』だそうで
IMG_0700
『ツルツルマディは楽しいけど、たまに・・・で良いよ』って言ってた。


昨年後半に脱臼し、手術して2か月の左肩じゃなくてよかったなと思いつつ。
IMG_0704
車に怪しいメキシコ人が座ってる・・・


午後15時過ぎまでフリー走行。
途中で抜かれたのだけれど、ド派手なパフォーマンスって感じじゃなく、トラクションをきっちりかけながら走ってる感じだったです。

追いかけよう!としたんですけど、グングン離れて一瞬で見えなくなってしまった・・・・・・・。

彼なら・・・450RでGEKKO-ONEでも大丈夫かな?




いや。

絶~対ッに大丈夫に違いないっ!!
(そう思い込まないと不安でしょうがないので)



で、片付けが終わって、スグに黒川温泉へ移動。
ゴンドーシャロレーから黒川温泉郷までは車で5分で超近い。

今回は、お気に入りの『山みずき』でお風呂

500円とは思えない素晴らしさ、黒川のお風呂はどれも凄いです!
yamamizuki


初めての露天風呂に喜ぶKamoさん・・・と、黒川を堪能するyosh@
yosh@、お前は別に堪能しなくていいんだぞ)
1620858_601761989900310_552109884_n



そして、熊本は大津で宴会。
13


なんだかんだ話をする中で、地蔵乗りの話題が出ました。
なんと説明すればいいんだ?と悩んだ結果、ブッダライディング、ブッダスタイルという言葉に至り、
1周私の後ろについて走っていたKamoさんはスグにわかったようで

「Oh,Buddha style!」

って言ってたんだけど、あまりの理解の速さに

『この人、ずっと座ってるな・・・』って思われていたんだろうなと軽くショックをうけつつも、楽しい宴会は続きました

そして、22時過ぎにお開きになり、Kamo選手は宿へあの御方が送って。

私は車で(コーラばっか飲んでましたね、今回はお酒飲めない場面が多かった~。yosh@さんを接待し続ける日々でしたね)yosh@を乗せて
一路 我が家・・・ではなく、我が家のガレージへ。

そこで、マシンの外装をファイナル仕様に&メンテナンス。
深夜1時半までやって、我が家で就寝。

う~ん、盛り沢山な金曜日はこれにて終了。

土曜日に、続きます!