yskです。

とても天気が良かったシーサイドバレー糸魚川
IMG_8159


前日夜は、パドックエリアすぐそばのお風呂へ。
BlogPaint

我々の第1駐車場からだと、1分くらいで着きます。
アルカリ泉?なのか、ヌルヌルでGOOD



でもって、レースDAYの日曜日。

普段なら、KIDS、FUNのレースを見つつ自分の準備を進めるのですが、
レース会場まで遠いのでFUNを見るのをあきらめて準備に専念。

場内放送を聞いていると、どうやらFUNは山本さんがTOPで、そのままフィニッシュしたとか

前日夜、中島鉄騎馬隊テントに遊びに行くと、ちょうど山本さんも来ていて、
なんだかんだ話したのですが、どうやら今回はFUNとCOMPをダブルエントリーしていることを知りました。
さらに、年とると~なんて話の流れで、私の母親と同じ年齢だということが判明w
親子でもおかしくない年齢差、ってことですね。。。

まあ、そんなことを聞いた翌日だったので、山本さんすげ~なぁと感じると同時に、
優勝→ホッテストアワードの流れに加えてピットが遠いので、
COMPの準備大変だろうなと思ったのでありました


さて。

自分たちのレース準備をせっせと行います。
05



ガス缶などは発送場所に運び込み(JNCCが用意したパドック⇔ピット間の荷物輸送便があった)
後は、装備を身に着けるだけ。





防具をつけて、ウェアを着て・・・とやってると





突然大きな声が!





『あっ!!!!』





振り返ると、声の主はあの御方
SRJ1
注:画像はイメージです



付き合いも長いので、だ~いたい、こういう声を上げたときのあの御方は、
何かトラブルが発生したんだろうな、とわかってしまいます。

でも、どうせ、大したことないんでしょ~。なんてね。




そしたら あの御方がつぶやくように一言。




『・・・ウェア持ってくるの忘れた』





な、なに~っ!(*´'Д'):;*.':;カハッ





レース歴 十数年のベテランがウェア忘れ(笑)

流石あの御方。

想像の斜め上を軽く超えて行くトラブルっぷり!!

(そ~いうところが走りにも出なければ、と~っくの昔にあの御方はAAライダーになってただろう、と私は本気で思うのです・・・)







いや、しかし、どうすんですかっ!!!!

もうそろそろ、行かなきゃ!!!





と、そこに登場したのはZ。



「ありますよ、ウェア。予備が2着」



ナイスッ w(゚o゚)w オオー!




Zのファインプレーに救われたかに見えたあの御方。

しかし、ウェアがデカいw

そりゃ、Zのウェアですからね(☆゚∀゚)

ブカブカ。









いや、そして、これはもう、以下の展開を期待




z「ウェアが欲しいなら、Zプロに入ってもらいますよ」

あの御方「えっ・・・」

z「どうするんですか?このまま、走らずに熊本まで帰ります?」

あの御方「ぐっ・・・」

あの御方「・・・りたいです

z「聞こえませんね?」

あの御方「ぜ、zプロジェクトに・・・入りたいですっ」








が、しか~し。
現実は!






あの御方「入る入る、なんでもいいよ、ウェアかしてくれるなら」




・・・・・・・さすがあの御方(笑)

レースのためなら、なんでもありなのかw

IMG_8206
ほんと、ブカブカ~(笑)




と、zの軍門に下ってしまったあの御方はさておき。

レース会場へ移動です。

バイクに乗ってスタートエリアへ。

サイドスタンドは持ってこなかったので、バイクを壁に立てかけて、ピットを設営します。
BlogPaint



なんやかんや準備してたら、zより集合写真を撮ろうとの要請。
19
一緒のピットだったみなさん。レースお疲れ様でした。




と、この写真を撮った直後・・・。

なんかバイクのENG音が・・・・。




あれっ(つд⊂)ゴシゴシ

グリッド整列が始まった?Σ(゚д゚;)






し、しまった~!(ノ◇≦。) ビェーン!!




JNCCは、ゼッケン順の入場でグリッド整列します。

A→B→Rと整列し、全部揃ったところでAAライダーが登場。

つまり、Aのシングルゼッケンは、一番最初にグリッド整列。

良い場所を確実にとれますが、とにかく、待ち時間が長い(T_T)

いつ呼ばれるかわからないから、早めに行って入場を待つので、特に。

しかし、今回は完全に油断していました・・・。




慌てて、ダッシュで!バイクに戻ります。

120番台が呼ばれてる、でも、まだ今なら1列目をとれる

まだ、イケる




あ、あれ?
バイクが見当たらない・・・。
BlogPaint




んっ・・・・・・・・・・・・!?




壁に立てかけた私の#03。

そのラジエターシュラウドあたりにハンドルを当てて

被せるようにCRF250Xが立てかけてあるような・・・(つд⊂)ゴシゴシ














だっ、誰がそんなことを!?


















#135・・・



あの御方号
(*´'Д'):;*.':;カハッ










・・・・・・。








『あれ~?立てかける場所がないなぁ』

『おっ、見たことのある#03』

『こいつに立てかけちゃえ~、えいっ!』




あの御方の思考が容易に、手に取るようにわかります(笑)
もう、間違いなく、聞くまでもなく、絶~~対、↑こんな感じです





でも、こっ、これじゃ先に行かなきゃいけない私のマシンが出せない・・・

あの御方、マジ半端ないっす

あの御方~、と探すが、やって来ません。。。

グリッド整列など気にも留めていないのか!?www



いや、まて、まあ落ち着け

まずは、あの御方のマシンのガスコックをOFFにして

マシンを移動させて横倒しにして

周囲に散乱しているあの御方のヘルメットとかを排除して

ああ、既に190番台が呼ばれています・・・焦るがしかしどうにもなりません

そして、ENGを掛けてグリッドへ・・・







と、いうことでグリッドは2列目

もちろん・・・130番台のあの御方、IRKさんも2列目です(笑)



ちゃんと待機しとくべきだった、なんだか損した気分 ←どうせスタート苦手なので実害はない人

向こうでマリコちゃんが笑顔で手を振ってます

「遅い貴様には2列目がふさわしい」という意味でしょうか(違)




はぁ、レース前に既に疲れが・・・なんか眠くなってきた・・・


とAA入場時にハンドルにもたれ掛って目を閉じていると


「あれは、来期のAA入場をどうしようかと悩んでますね」


と少し離れた所からZのでかい声が。


・・・んなこと考えてるわけね~だろ、この熊(ノ`Д´)ノ









はぁ、ますます疲れが・・・。



続きます