yskです。

1周目をIRKさん、あの御方、私の順で終え、2周目に突入。
気分は最高潮でした、、、の続きです。

さあ、レースも。
IMG_5346
ここからのお写真:JNCC公式photo


徐々に盛り上がって~
IMG_5528


まいりました
IMG_5533



さて。
3台連なって走り、今回初めて設定された一気にお風呂屋さんまで登って行きます。

前を行く、IRKさんとあの御方。

・・・とここでIRKさんが転倒して脱落

IRKさんとはお別れです。

さらに走って行きますが、これがまた、なかなか抜けないんです。

え?誰がって?

そりゃもちろんこの方。
BlogPaint
何度も言いますが画像は結婚式のイメージです

あっ、間違った!!!


久々にバイク乗ってるのに、やっぱり手ごわいあの御方。
5B2B5420



しばらく走って、河原に入った所でなんとかかわして4位。
そこからまたしばらく走って、前を走るまくすさんを抜いて3位で2周目終了でした。

3周目に入った所ですぐ前に#03様を発見、しばし走った所で抜いて2位。
そこからずーっと走って、ギャラリーが沢山居る例のピット前の川でフレアライン店長様発見

・・・もしかして・・・店長1位
こりゃまた手ごわい、どうやって抜けば・・・と思った矢先、




あ~っ!

転んだっ!

店長転んだ~~~!!!!






店長のヘルカメ、28分50秒あたりです



ここから一人旅で、3周目で1位に。

念願かなって・・・・・初めて見た1位の電光掲示板

後は、ミスしないように走りました。

4周目で、後続との差を確認すると30秒くらい。
5周目で1分ちょっと、だったかな、徐々に広がっていきます。
なので、落ち着いて走れました。

楽し~
IMG_5721

レースも
IMG_5439

さらにさらに
IMG_5445

盛り上がってまいりました
IMG_5446

う~ん、ここは深すぎでしょ~、でもこれが月山。イイネ!(笑)
IMG_5449


さて。

大きなトラブルもなく残り1周、電光掲示板に出た後続との差は2分半。
といっても、ここに出るのは前の周の結果で(そりゃそうだ)、
最終周突入時点のライブな結果ではありません。

とはいえ、余裕があるだろうからとミスしないようにペースを落としつつ走行。

ここで#01石戸谷選手が猛烈な勢いで追い上げてきてたようで、
実は半周走ったあたりの所で遠くに見えました。

でも2分半差という距離じゃなくもっと近くて、こりゃなんかおかしいぞ、
たぶん追い上げられてるな!って気づいたのですが、
残りの距離を考えると大丈夫っぽいんじゃないかと思い
ミスしないよう走って無事ゴール
IMG_5828


聞けば序盤に水路におっこってたそうで、
確かにラップチャート見ると凄く遅い周があって、
それが無きゃ間違いなく負けてたでしょう。

運が良かったなぁ~
運使い果たしちゃいそう。

と、これで私のレースは終わりです。
長々と読んで頂きありがとうございました。
またよろしくお願い致します。






・・・・・・・・







実はまだまだ終われない(レースが終わってない)方が居たのだ。



それは・・・












IRKさんである!
5B2B4993



さて、IRKさんと言えば!

BAJAを5回も10回も完走し。
月明かりと自転車用ライトで暗闇のBAJAを走り『結構見える』発言で周囲を絶句させ。
『初めてBAJAに出た時キャメルバックは存在しなかった←ほんとはあったと思うがキャメルなしで砂漠に突入と豪語する。

そう、私やyosh@さんの永遠のライバル!
(大大大先輩なのですが、なんか、いつもバトルに・・・)


そんなIRKさんを抜きにかかったのがBクラスでスタートした、
本日とっても痛い思いをしてる yosh@ さん。

レース後半、IRKさんをギャラリーが見守る例の川で発見!
高鳴る胸を鎮めようとするも、なんとさらに前にあの御方を発見!
さらに胸は高鳴る!

そして、あの御方を抜きに掛かるIRKさんに、さらにかぶせてごぼう抜き
酷い、酷過ぎるぞ yosh@ !

しかしこの時、IRKさんは、絶対の、確信をもって、こう思ったそうだ。



『あのトラ野郎に俺が負けるはずがない! 絶対に!!!』
(本人、後日談。)
BlogPaint



そして追いかけるIRKさんだが、しばらくして転倒して離されてしまう。

その後、恐らく、ここからは想像だが。


yosh@ に追いつかない
⇒おかしい、奴は限界を超えた走りをしてるに違いない
俺も限界を超えるしかない



と、昨年のみどりやAべさん的発想に至ったのかどうかは定かではないが
限界を超えたIRKさんは、レース終盤になんと足をぶつけて指を脱臼&骨折

酷い、酷過ぎるぞ yosh@ !
悪だな。


そして、マーシャルより本部に連絡を入れ、コース上で救助を待つIRKさん。 
しかし、待てど暮らせど救助は来ない。
IRKさんにたかるハエとアブ、辛い、辛すぎる待ち時間。
さらにレースも終わり、コースの撤収に来たスタッフに「まだ来ないの!?」と聞かれ
『友達居ないんです』と答えるIRKさん。
(以上、ご本人後日談 )



一方その頃我々は・・・
DSC_1578
IMG_2536


 IRKさん、ほんと・・・





ス、スンマセンでしたっ m(__)m





まさか折れてたとは・・・お迎えが遅くなってスミマセンスミマセンスミマセン





と、まあ、怪我人も出ましたが、1か月で復帰してBAJAには間に合うそうなので一安心
これにて終了、帰途につきました。

月山に行った皆様、スタッフの皆様。
大変ありがとうございました&お世話になりました。

またお会いした際は、どうぞよろしくお願い致します。 




・・・・・・とかいいつつ、今回は番外編へ続く んです
201208_28_63_c0198263_17451282
楽さんいつもいつもありがとうございます、今回のも最高です。