yosh@です。

夏本番の日曜日。
あっついあっついツーリングに行って来ました。

現場へ着くと、なんと!
o0640048012118318227
ちゅ、駐車場が、
草刈りされていた。。。

bigさん。。。



神っ!!!!!!


この瞬間、満場一致で
『ココはビッグマウンテンと名づけましょう!!』
ということになりましたww

日が高くなるにつれて上がっていく気温に早くもやる気が減退気味ですが。。

bigさんの神々しい後姿に付いて行き、楽しくツーリングは始まります。

313688_389159844471918_34194207_n

お山自体はコンディション良くグリップ良好!
ホコリも立たず気持ちよく走れます。

途中立ち寄った難しい登りではなかなか登れず。。。
yosh@は数回トライした後、すぐに諦めてしまったのですが、
大臣は何度も何度もトライし続け!
その度になんと筋トレの為だけ(本人談)

わざと失敗してバイクを谷側に転かす⇒谷側からPPで無理やり起こす
わざと失敗してバイクを谷側に転かす⇒谷側からPPで無理やり起こす
わざと失敗してバイクを谷側に転かす⇒谷側からPPで無理やり起こす
わざと失敗してバイクを谷側に転かす⇒谷側からPPで無理やり起こす
わざと失敗してバイクを谷側に転かす⇒谷側からPPで無理やり起こす


を繰り返し、

『ふ~、350EXC-Fたった1台じゃあ思うように乳酸が溜まらないぜ~』

などと室伏選手もびっくりの宇宙発言を発していましたが無視して先に進みます。
(皆この衝撃の光景が目に焼きついてしまい、後日夢に出てきた人まで。。。ご愁傷様です。)

お昼頃になり、かなり暑くなってきたので川で涼むことに。

538982_389160101138559_428799418_n

木漏れ日の中を気持ちよく走っていたのですが、
落差2mくらいの滝があり行き止まりに。

yosh@『ありゃー、ここはピストンですねー』
bigさん『そっすねー』
にしやんさん、手負いのNBATさん『そうだね』
ysk大臣『いや、いけるべ』




。。



。。。




(゚ロ゚;)エェッ!?





ysk大臣を2度見したときには既に350のエンジンを止め、
ウォラッと滝の上段へと豪快にマシンを投げ上げていました。

大臣!我々のカテゴリーはエンデューロであってハンマー投げじゃないよ!!

『いいから、はやくオマエも上げろって』
などと意味の分からない発言を上からyosh@に投げかけるysk大臣。

仕方ない。。。
yosh@だって男の子です。
興味本位で初PPにトライしてみますが
なにせハタチまで箸より重たいものを持ったことが無かったほどの
箱入り息子として育ったyosh@にPPなんてできるはずもありません。。。

まったく荷が重いぜ(正に読んで字の如く)!!

それでもTaichi選手ばりのライテクがあればエンジンの力で上がれるのでしょうが(←これが正常)、
yosh@にはそのテクもなく。。。

当然上がれずに、力尽きたのでした。

o0640048012118318229 - コピー

すごすごとクルマへ戻り、お昼ご飯にします。

皆さん、PP道は余りにも険しく、長い道のりです。
yosh@はこれ以上踏み入らないことを心に誓いました。
それでも行かれるならば、敢えて私は止めません。

午後は暑すぎるのでもっとユルくツーリング、途中ちょっとプチ開拓。
暑いぜー。。。('д` ;) ちょっとイゴイゴしただけで頭がぼーっとします。
日陰にバタっと倒れこみ、ハァハァ。。。熱中症になりかける人まで。。。

217836_389161641138405_1916190061_n

なーんとなく、bigさんがなかなか戻ってこないなーと思ったら
尾根落ち→崖落ち→プチ遭難→来た道戻れず→倒木地獄 と
聞くも涙、語るも涙の一人旅を思いっきり堪能していたそうで、
無事にクルマに戻ってきたときは。。。なんだか一回り大きな漢になってましたww
bigさん、ちゃんと帰ってこれてヨカッタです!!


一通り遊んだので今日はもう終いかなーと思いましたが、最後に
先日の8耐の時から乗ってみたかった大正7年式(あ、昭和だったwww)のYZ250という
MX界に漫然と輝くビンテージバイクに乗らせて頂いた。

392279_389162447804991_171111113_n

いやー、戦前のマシンにしてはとても良く走りました。
(P氏、bigさん、すんませんバッチリなYZでした)

ご一緒させていただいた皆さん、
1日たっぷり遊んで頂き有難うございました!!