yosh@さんのねつ造記事に困っている、yskです。
みなさん、騙されてはいけません

さて、木古内のDAY1。
パレードが終わり、会場に到着であります。
2012stde253
お写真はこちらから

で、早速ブリーフィングです。
今回は、1日目3周のオーダーでした。

最後の大会ということで特別なことがありまして。

・1日目にリタイアしても、2日目走って良い
・1日目に来れなかったライダーで希望者は、2日目走って良い

いいですね~、賞典外ではありますが、走れるだけで良い
これを聞いて、私はかなり気楽になりましたね~。


さて、いよいよスタートです

今回は4台ずつ、1分間隔。私は5組目。
2012stde260
お写真はこちらから

IA旦那様とナ○ックさんに挟まれてゲートへ・・・お、おそろしい・・・




そんでもって、いよいよスタート~

1名ずつライダーが紹介されていきま~す
『#17番、Tatekura選手』 ⇒イエ~イ! 
『#18番、IA旦那選手』 ⇒イエ~イ!
『#20番、ナ○ック選手』 ⇒イエ~イ!

ってな反応で、観客(というか一部のお嫁様方)もノリノリです
イイネイイネ!






次は私の番、#19番、ysk選手~





・・・・・・・・・!?





ま、まさかのブーイング  ナニーッ!!∑(゚□゚*)


一部のお嫁様がこんな感じで親指下にして・・・
wtd

これもダイジンシネシネゲーム(なんですかそれは!?)の一環か
マジはんぱね~、怖すぎます

その模様はこちらの動画で・・・



木古内のスタートでブーイングを浴びることになるとは・・・予想外すぎる
ひどい~、ひどいよ~




さて。

ブーイングにもめげずスタートであります

まずは予定通り3台が先行。
後ろをついていきます。

後ろをついて。

後ろを・・・

う、うし・・・







ぜんっぜんついていけね~(ノ◇≦。) ビェーン!!








ス、スピードレンジが全然違う!
ど~なってんだ!?



さっきまで『交通安全』とか『スピードダウン』とか、
タスキ着けてなごやかにパレードしてたはずなのに!!

だ、騙したな~!!!(←そういう意味のタスキではない)

BlogPaint


 BlogPaint

一体、どんだけアクセル開けてるんですか、って勢いで消えていく3名。



木古内町民への誓いはなんだったのか・・・
( ↑ そういう意味のタスキではない)



う~ん・・・この方も信じられない勢いでかっ飛ばしてたような・・・
BlogPaint
隊長が450にまたがって交通安全タスキ・・・・・・隊長が450で交通安全・・・・・よく考えると・・・・・・ア、アリエネ~!






と・・・、
あっという間に置いて行かれる私と350EXC-F。






そして、あんなのについて行こうとしようものなら、
あっという間に『北に輝くになるであろう私*:--☆--:*:--☆--:
IMG_1074
真似しようものなら確実にお空の星になってしまう、そう確信できる速度でみんな消えて行った・・・
『君よ 北に輝く星となれ!』・・・レース後は、これが、林道全開で逝けという意味に見えてしまう・・・







全く、追いつく気配もないので一人旅の始まり。
37km、木古内としては短いが・・・普段のEDと比べるとやっぱり長い!

こりゃ、ほんとに一人旅、追いつかね~~~~。・゚・(ノД`)









と走っていると、遂に出会ってしまった・・・









こ、後続キターッ!(((( ;゚д゚)))














『超遅いくせに赤いゼッケンつけやがって生意気な!』
とばかりにお仕置きタイム開始!

ひ~勘弁してくれ~、ってくらい来るわ来るわ、エキスパートクラスの方々。
特にトラブルもなく周回を重ねますが、 ココから先は、抜かれっぱなし。

みんな容赦なく抜いていきます!




・・・だ、だから嫌だと言ったんです(ノ◇≦。) ビェーン!!





抜かれて抜かれて、自分は1台も、ほんとに1台も競り合うことなくレースは進みます。

今まで、かつて、これまで、、、、、こんなレースがあっただろうか(いや、絶対ないっ!)

過去ワーストのレース展開

ノントラブル、無転倒なのに抜かれっぱなし


誰とも競り合えないレースってこんなに辛かったのか・・・。




意気消沈する私、しかし3周目!





つ、遂に、遂に3台抜いたのです!!!







①周回遅れの方
②周回遅れのTRG A嬢
③周回遅れのTRG yuk嬢

IMG_1176
抜かせてくれてありがとうTRG・・・



全員Fクラスだった・・・( p_q)エ-ン










・・・結局だ~れともからまずにレースが終わってしまった。

1回だけコースアウトしかけて転んだだけで(序盤のカーブミラーの場所)、
特にトラブルらしいトラブルは無かった。

そして夜の歓迎会、ジンギスカンを食べながら配布されたリザルトを見ます。




DAY1 総合42位/79台




順位は半分より下でした

でも、前に居るライダーを見ると、正直妥当な位置。

4年前より良いポジションで、成長したんだな~なんて実感




本人的には、まあまあの出来、納得のポジションだった





・・・・・・・・・が!


だがしかし、それでは終われない理由があった!!







隊長「なにやってたんだよ~!どうしちゃったの!?」
ysk「いや、ノントラブルで実力通りの・・・」
隊長「あ、、、、そ、そうか~・・・」(申し訳なさそうに去って行ってしまった・・・)

○○家旦那様「どうしたの、全然こなかったね!何やってたの?」
ysk「いや、ノントラブルで実力通りの・・・」 
○○家旦那様「あ、、、、、そうなんだ・・・」 

と、まずは質問攻め。

私は声を大にして言いたい。

いや、声を大にして言おう!!!


・・・だ、だから嫌だと言ってたじゃないですか(ノ◇≦。) ビェーン!!
 








そしてもう一つ。

みんなは楽しそうに

『○○さんと競り合った』とか
『あのバトルは最高で』とか
『やられちゃったよ~』とか


楽しそうに、話してるのです。

そうそう、レースの醍醐味、終わった後のこの会話!
知り合いとのバトル、最高っすよね~~~!


知り合いは・・・てぃ、TRGしか抜いてねぇ~
IMG_1176
わざわざ追い抜かせてもらって、ほんとにありがとうございます。よろこび組代、払った方がいいですか・・・!?







そしてさらにもう一つ。

スギヤマレーシングジャパンのチームエントリー1日目結果、こちらも問題だった。

5位/5チームで最下位・・・(笑)

yosh@さんに『一番貢献度が低いのは誰でしょうね~?』といぢめられ。

yosh@ さんに『明日は何台抜いてくれるんですか~?』といぢめられ。

yosh@ さんに『もしエキスパートクラスだったら・・・18位!?
         スーパーエキスパート19位と1番しか変わんないじゃないですか~?』
といぢめられ。

yosh@ さんに『チーム力が大事ですからね~?』といぢめられ。 




yosh@ ・・・・オ、オマエダケハ、イツカゼッタイ、イヤ、フツカメニ、シマツシテヤルカラナ









寂しい、寂しすぎる

誰とも競り合えず、夜は話の輪にも入れず、 yosh@ にいぢめられ。

そして何度リザルトとにらめっこしても、やはり差は大きく、仲間たちと競り合える気配はない。 








初めての赤ゼッケン・・・

正直泣ける・・・

こんなの続いたらエンデューロやめちゃうよ・・・








そして体力は100%⇒90%くらい、10%くらい疲れたかな~程度。
筋肉痛も当然無し。
どこで頑張ればいいかさっぱりわからなかった・・・(´・ω・`)

夕食時のみんなの話をまとめると、「し、しぬ・・・」と数回思うくらい攻めていて、
その過程で疲れる???らしいのだが・・・。
まったくイメージできないが・・・。


明日は11組目(1日目は5組目)スタート、
1日目の順位で決まるので、似たレベルの方々と走ります。


これなら、楽しく競り合えるかも
そして、明日はちょっとでも疲れるように、もう少し頑張ってみよう




と、こうして、木古内ファイナルの1日目は、よくわからないまま終わったのであった




続きます