yskです。

さらにレースは続きます。


~58分経過~


集計所前です。
トランスポンダーではなく、目視でゼッケンを確認して集計していきますので、
汚れたフロントゼッケンは、一旦停止で清掃されます。


ここで撮影者、嫁ご推薦のチャンプ小池田様のテクニックをご紹介。 

『集計所前で小池田さんだけがフキフキしてた姿をバッチリ撮影』だそうで・・・

動画の1分から1分7秒にご注目下さい





・・・って速すぎて何がなんだかわかりませんか?





ではでは、静止画で。
チャンプのテクニック、これが小池田フキフキだ!!!
00023(1)
BlogPaint
00023(3)
BlogPaint
00023(5)
00023(6)



ゼ、ゼッケンを走りながら手で拭いてる!


しかも、綺麗になったかどうか
覗き込んで確認してる!!

なんて丁寧な・・・


そして華麗に集計所をノンストップ通過!!!


そのあとに来たKEN2監督はフキフキしていないので、
集計所でゼッケンを洗われて2秒ほどロス。

私の感じだと、大体20回以上止められたと思います。
周回遅れを抜きまくってる上位陣はフロントゼッケンも相当汚れるでしょうから、
30回くらいは止められてるんじゃないでしょうか?

だとすると、フキフキでのタイム短縮効果は、2秒x30回でなんと60秒!!!

上位陣のリザルトはこちらです。
数十秒といえども、今回のコースでは結構大きな差です。
DSC03460
後数十秒詰められたら順位が1つあがったのに、なんて方もおられると思います。
フキフキすれば結果が変わったのかもしれません。

さすがチャンプ、集計所はとめられてもしょうがない、
とあきらめそうな所ですが、出来ることはすべてやってタイム短縮してるんですね。

ほんとお見事です。

真似したい、けど、あんなに安定して片手でゼッケン拭いて確認って、そう簡単にはできない予感。
来年までに練習するしかないか(フキフキの)
ほかの動画でもフキフキしてますので、是非確認してみてください。


さて。


さらにレースは進んで。


~1時間1分経過~






~1時間5分経過~


57秒あたりから、小池田さんのフキフキ、わかりやすいですね。
ばっちり1番が見えて集計所もあっさり通過




やっと1時間が経過しました。


疲れがだんだんたまってきたぞ~~~
ということで、続いちゃいます