yskです。

2012年モデルのCRF250R/450R日本向けが発表となったようです
(アメリカ向けの記事はこちら)

気になる変更点は・・・

<広報発表>
モトクロス競技専用車「CRF250R」「CRF450R」の各部を熟成した2012年型モデルを発売


<CRF450R>
CRF450R 日本向け情報はこちら
pic-billboard

●エンジン
・スロットルコントロール性とトルク感向上をねらい、PGM-FIのセッティングを変更
pic01


●車体・足回り
・サスペンションのセッティング
・下側チェーンローラー径をΦ38⇒Φ34として操縦安定性を向上
・車体外側に5mm、前後方向に7mm拡大したワイドフットペグ
・ワイドフットペグに合わせ、キックアーム形状と踏面形状を変更し操作性を向上
・前・後タイヤには、ダンロップ社製MX51を採用し、悪路走破性と旋回性を向上
・フロントホイールカラーの座面径を27mmから28.5mmに変更し、
 フロントアクスルの締結部の剛性を見直すことでタイヤの接地特性を向上。

エンジンはセッティングのみで、車体・足回りの変更が主ですね。
お値段は2011年と変わらず871500円(税込)です


<CRF250R>
CRF250R 日本向け情報はこちら

pic-billboard (1)

●エンジン・吸入系
・スロットルボディのボア径を50mmから46mmに変更
・コネクティングチューブ、吸気ポート、排気ポート、エキゾーストバルブの形状を変更
・吸・排気系の変更に合わせ、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※2)のセッティングを最適化
pic01 (2)

●車体・足回り
・サスペンションのセッティング
・下側チェーンローラー径をΦ38⇒Φ34として操縦安定性を向上
・車体外側に5mm、前後方向に7mm拡大したワイドフットペグ
・ワイドフットペグに合わせ、キックアーム形状と踏面形状を変更し操作性を向上
・前・後タイヤには、ダンロップ社製MX51を採用し、悪路走破性と旋回性を向上
・フロントホイールカラーの座面径を27mmから28.5mmに変更し、
 フロントアクスルの締結部の剛性を見直すことでタイヤの接地特性を向上。

こちらはエンジン・吸入系に変更が入ってるみたい
2011年モデルにてなぜか450よりも大きかったスロットルボディの径が450と同じΦ46となりました。
合わせて吸入系のコネクティングチューブ、
それからシリンダーヘッドの吸排気ポート・エキゾーストバルブの形状が変わってるみたいです。

上記にて、低・中速域での力強さとスロットルレスポンスが向上
エンジンに変更が加わったのが良いですね

それから、250/450ともにワイドになったフットペグの写真も出てました。
pic01 (1)

2011年までのフットペグに比べて、泥はけが確実によくなってますね
見た目もカッコよくていいですね

こちらもお値段据え置きの724500円(税込)です


 <CRF150R>
CRF150R 日本向け情報はこちら

pic-billboard (2)


2012年モデルのCRFレーサーの変更で、実は一番気になってるのはこのCRF150R。

150Rは、2007年にそれまでのCR85に代わるマシンとして、4ストローク化され登場しました。
2スト85ccに対して重量が重いというデメリットはありますが、
扱いやすいマシン特性やパワーで、全日本レディース・ジュニアクロスでも結構使われていて、
レディースチャンプの益春菜選手は今季、全日本にて4戦全勝です

さて。

2008~2011年までの4年間、CRF150Rは2009年モデルにて4ストローク150ccの
レースレギュレーションが変更になったため
(騒音規制が5000回転で94dBから、6000回転で94dBに)
排気系の変更が行われていますが、それ以外変更はありません。
対して、ライバルとなるYZ、RM、KXの85ccも特に変更が入ってない、ような気がします。

ところがこの2012年モデル、初登場から6年目にしてなんと
エンジン・吸入系・足回りが変更されています


●エンジン・吸入系
・4つのバルブを1本のカムシャフトで駆動させる、Honda独創のユニカムバルブトレイン。
 新たにインレット側のカムプロフィールを変更し、扱いやすい出力特性を実現。
・シリンダーヘッドやピストンの形状を変更し、より力強いパワーと伸びのある走行を実現。
・クランクケースにブリージング穴を追加し、エンジン内部の圧力バランスを調整することで、
 ポンピングロスを軽減。
pic02
 
・専用設計のケーヒン製FCRキャブレターは、加速ポンプ構造のリンクレバー直押しタイプを採用し、
 よりリニアなレスポンスを実現。
pic03
 
カム・ヘッド・ピストン・クランクケースが変更
キャブは直押しタイプを採用でレスポンスを向上

●車体・足回り
・サスペンションの各部ブッシュを見直し、フリクションを下げることで作動性を向上。
 また、減衰力を高めることで悪路の走破性と安定性を向上。

と、CRF150Rは進化しているようです
エンジン回りに変更が入ったのが大きいですね
ほしいなぁ・・・(ってどこで何に使うんだ~) 

お値段は、スモールホイールが479850円(税込)、ラージホイールが496650円(税込)です


以上3機種については、8月3日より受注を受け付け、9月17日発売だそうです。
chart-schedule

 あ~、新しいバイクが欲しいなぁ欲しいなぁ欲しいなぁ
(と、ブログを通して奥さんにアピールしてみたり・・・←これが言いたかっただけ?)